ホームページへ  >  ブットンくん情報  >  ブットンくん情報 - 第11 回 世界同朋大会の大阪ツアー 英訳で親しみやすい会に お問い合わせお問い合わせ  | サイトマップ  
ブットンくん情報
  ホーム >> ブットンくん情報 >> 第11 回 世界同朋大会の大阪ツアー 英訳で親しみやすい会に

ブットンくん情報

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link 大阪教区御遠忌ブログ カテゴリー「ブットンくん」 大阪教区御遠忌ブログ カテゴリー「ブットンくん」 (2014-2-27 12:15:12)

feed 第11 回 世界同朋大会の大阪ツアー 英訳で親しみやすい会に (2013-6-24 14:17:53)

第11 回 世界同朋大会の大阪ツアー

英訳で親しみやすい会に

大阪ならではの様々な企画で

難波別院では、さる5月8日から10日に開催された「第11回世界同朋大会」(主催=真宗大谷派)で、日程中の9日に大阪オプショナルツアーとして受け入れを行い、多くの参加者が来院した。
当日は、南米や北米、ハワイなどの開教区、また国内からも参加した約90人が大型バス3台で難波別院を訪れ、多くの職員が笑顔で迎えた。はじめに、本堂で第1部の式典を行い、全員で「正信偈」同朋奉讃式を唱和し、五辻難波別院輪番が挨拶を行った。また、当院制作の映像「戦国乱世を生きた人・教如」の英語字幕版が上映され、難波別院の開基でもある教如上人と大阪とのつながりなど、学びの視野を広げた。
mm20130601-030103  その後、境内諸施設の見学を行い、難波別院「蓮師の間」で、大阪の名付け親である蓮如上人御木像や、井波彫刻による欄間の彫刻に見入る姿も見られた。昼食時には、大阪教区キャラクターのブットンくんから、ホテル日航大阪製作「ブットンクッキー」のプレゼントを行う=写真=など、御同朋が集い共に楽しみ語り合う場が開かれた。
午後からは、桂小春團治さんによる真宗落語「夢観音」の披露があり、大阪ならではの上方落語で本堂には笑い声が響き渡った。また、第20組敬念寺(齋藤賢住職)のご門徒でもある中山鳳水さんや、水原吟水さんによる薩摩琵琶「平家物語」などの伝統芸能も披露された。同公演でも、それぞれの内容の英訳や歌詞がスクリーンに投影され、海外の参加者にも親しみやすい会となった。

(「南御堂』 第612号 2013年(平成25)6月1日 発行)



execution time : 0.166 sec